大人ニキビが出来る原因:ホルモンバランスの乱れ

10代を過ぎたらもうニキビには悩まされないと思っていたにもかかわらず、社会人になってもいつまでも出来るので、悩んでいる方は少なくありません。
このような大人ニキビはホルモンバランスの乱れによって起こるので、普段の生活習慣を見直し、ストレスなどをため込まないことが大切です。
20代以降に発生する大人ニキビは、男性ホルモンの働きが原因で起こると言われていて、中でもUゾーンのニキビの場合は高確率で、その影響によるものだと考えられています。

 

ストレスによって交感神経が活発になると、男性ホルモンが分泌されやすくなり、大人ニキビが悪化するので、定期的に趣味などで発散させて、リラックスするよう心がけ、副交感神経優位となるような生活習慣に切り替えるようにしてください。
ホルモンバランスが乱れると、お肌が乾燥しやすくなって、バリア機能が低下するため、大人ニキビなどの肌トラブルに悩まされやすくなります。
ターンオーバーの周期も乱れ、いつまでたってもお肌が再生してくれないので、憂鬱な日々を過ごすことになるでしょう。
大人ニキビに負けない肌にしたいときは、健康的で規則正しい生活を行い、喫煙や睡眠不足、暴飲暴食などに注意し、女性ホルモンを増やす効果のあるサプリや、漢方薬などで対策するようにしましょう。