大人ニキビの原因

口の周り、顎、首筋、頬などのフェイスラインにできる大人ニキビに悩まされているという人は多いのではないでしょうか。

 

10代の頃にできるいわゆる思春期ニキビは成長ホルモンの作用で肌が油っぽくなることが原因で皮脂が毛穴に詰まることでニキビができますが、大人ニキビはそれとは全く性質が異なります。大人ニキビは、不摂生な生活習慣やホルモンバランスの乱れや疲れやストレスや肌の乾燥などが主な原因となり、治りが遅く跡が残りやすいという厄介な特徴もあります。ニキビ跡が色素沈着してしまってシミになってしまうこともあります。
対策としては、日頃の生活を見直すことから始める必要があります。栄養バランスを意識した食事メニューを心がける、運動をして血流をアップさせる、睡眠をたっぷりととって自律神経の乱れを整える、ストレスをためないなどの健康的な生活を身につけましょう。
肌の乾燥を防ぐためには、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド、プラセンタなどの保湿効果が高い美容成分をサプリメントで摂取したり、丁寧なスキンケアを心がけたりしてたっぷりと肌にうるおいを与えることを意識しましょう。ニキビ跡が気になる場合は美白ケアをプラスするのがおすすめです。