大人ニキビと思春期ニキビのちがい

思春期の頃にできるニキビは、成長期に皮脂分泌が増えることが主な要因です。体を作るために分泌される成長ホルモンが皮脂腺を刺激し、皮脂の分泌が増えます。その結果、毛穴が詰まってアクネ菌が増殖します。
それに対し、大人ニキビはホルモンバランスの乱れから引き起こされます。ホルモンバランスが悪化すると、ニキビができるだけでなく肌のコンディションも悪くなります。
元々ホルモンのバランスは一定ではなく、短い期間を調べてみても多少の変化をしています。しかし、その変化の幅が大きくなると肌に影響を与えますので、気を付けなければなりません。細かく見ていくと、男性ホルモンが増えると皮脂の分泌量が増加し、女性ホルモンが増加すると皮脂の分泌を抑制してバリア機能が強化されます。適度な潤いを保ち、十分な水分を確保する働きに関わっているのも女性ホルモンです。
大人ニキビに悩む人は、男性ホルモンが優勢な状態から女性ホルモンが優勢な状態へと移行させなければなりません。病院で治療を受ける際にもホルモン療法が行われることが多く、女性ホルモンの量を増やすことで現在できている大人ニキビを改善させながら、今後新たなニキビができないようにという予防にもなります。