大人ニキビの治し方:肌の保湿をしっかりと

10代の思春期には、あまりニキビに悩まされた事はなかったけれど、大人になってからニキビが出来るようになった・・という方も多いのではないでしょうか。
大人になってから出来るニキビは、「大人ニキビ」と言われています。
大人ニキビが出来る原因は様々ですが、その中の1つに挙げられるのが「肌の乾燥」です。
ニキビといえば皮脂が多い肌で、起こるトラブルというイメージが強いかと思います。
確かに皮脂分泌が過剰だとニキビができやすいのですが、逆に乾燥していてもニキビが出来やすい肌環境となっています。
乾燥していると水分量が低下している為、水分の代わりに皮脂の分泌が増加するのです。
結果、皮脂によって毛穴が詰まったり、ニキビを引き起こすアクネ菌が増加し、大人ニキビを引き起こします。
また、乾燥肌だと肌のバリア機能が低下し、ちょっとした刺激によってニキビを招くケースも少なくありません。
大人の場合、メイクやクレンジングなどによって、肌が乾燥しがちです。
ですので、乾燥から大人ニキビとなる場合が多いのです。
乾燥による大人ニキビの予防改善には、保湿ケアが欠かせません。
ヒアルロン酸やセラミドといった、保湿効果の高い成分を含んだ基礎化粧品を使い、しっかりと肌を潤わせましょう。